Hi-Unit「HSE-A1000PN」レビュー コスパ最強、ピエール中野監修の低価格イヤホン

ガジェット

今回レビューするのは、Hi-UnitのHSE-A1000PNという凛として時雨のドラマーピエール中野さんが監修したイヤホン。

この価格帯では珍しく専用ケースが付属されており、凛として時雨ファンには嬉しいデザインになっています。ベースモデルでは3種類だったイヤーピースも4種類に増えており、より自分に会ったサイズを選べるようにされています。

ノーマルモデルのA1000と違いフィルターが金属メッシュになっています。

プラグはストレートになっているので、スマートフォンにiFaceなどの分厚いカバーをつけていても安心ですね。

音質はと言うとアンダー2000円どころかアンダー3000円最優と言っても過言ではないレベルです。

この価格帯にはfinal e1000という強敵がいますが、楽器の音が聴きたいのであれば間違いなくHSE-A1000PNをおすすめします。

音の傾向はノーマルのA1000と比べてドンシャリになっています。

ただこの価格帯に多い低音過多な感じではなく聴き疲れしにくいレベルに上手く作り込まれている感じですね。

final e1000の音は大人しめでボーカルの声に集中出来る感じですが、HSE-A1000PNは限界まで高音を伸ばし、低音も不自然ではないレベルでしっかり聴こえるようチューニングされています。

サカナクションのINORIを聴いてみるととてもしっかりと低音がなっており驚きました。夜の踊り子ではイントロの電子音(シンセサイザーの音)が鳴らしきれており、このイヤホンのポテンシャルの高さを感じれました。

凛として時雨のシークレットGではギターの音が心地よく、TKさんの声がとても綺麗に鳴っていました。さすがピエール中野さんですね。

またEGOISTのFallen(Remixed by 中野雅之)を聴いてみると、ここまでピッタリ曲とイヤホンが合うことがあるんだなー、と感心しました。

イヤホンを監修した人とRemixした人の名前がどちらも中野さんだからでしょうか?(笑)。冗談です、真面目に書きます。

おそらくHSE-A1000PNは電子音や高音に相当強いイヤホンなんだと思います。低音もしっかり出ているのでTM NETWORKのGet Wildとも相性がよく、スラップベースがとても心地よかったです。

ただ1つ気になった点としては、Aimerやヨルシカを聴いた時にボーカルの声が響かないように思えました。無理して高音を伸ばしているのか女性ボーカルの声が疎かに聴こえることがあるので、このイヤホンは相性のいい曲じゃないとポテンシャルを活かしきれないようです。

YOASOBIのハルジオンは普通に聴けたので、一概に女性ボーカルが苦手という訳でもないようです。

まとめ

  • 1700円とは思えないほど楽器の音が鮮明に聴こえる。(低価格ながら耳コピに使えるレベル)
  • 高音がとても良く鳴っているが少々無理しているようにも聴こえる。
  • 曲との相性によってはいい方にも悪い方にも化ける。

実際に自分の好きなアーティストの曲を視聴してから購入されたほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました